個人再生を行って一から出直したブログ

1000万円以上の多重債務による借金を個人再生で弁済したサラリーマンの話です


スポンサードリンク

弁護士に相談に行った話

この記事をシェアする

前回の話の中で、弁護士さんに相談しに行ったのは5年前ぐらいに1回、それから今回の個人再生プロセス開始にあたってもう1回相談に行っているという話をしました。

http://4.bp.blogspot.com/-5riNei7pd5k/VmFjWZmeZyI/AAAAAAAA1T4/xtxrRyAPe48/s800/job_bengoshi_man.png

 

弁護士さんの選び方

ネットで見ていると、やっぱりネットの情報で弁護士さんを選んでいる方が多いように思います。実は、債務整理系のお仕事って、弁護士さんの仕事の中でも一つの柱になっているっぽくて、それなりに弁護士事務所も営業をかけていらっしゃいます。

例えば「弁護士ドットコム」というサイトでは、都道府県名と分野を入れると、対応する弁護士さんが検索できるシステムになっています。

www.bengo4.com

僕の場合

僕の場合は、もっと人伝に弁護士さんに巡り合った感じです。

5年前の時

最初に債務整理を検討した5年前は、勤めていた会社の組合が紹介する弁護士事務所を訪ねました。会社の顧問弁護士だと、相談した事自体が会社にバレることも考えられなくはないですが、組合の弁護士なら人事に通じる事はないんじゃないかと思った次第です。実際には、弁護士は個別案件の守秘義務はしっかり守りますので、たとえ会社の顧問弁護士であっても、会社に情報を流すことは無いと思います。

ただ、この時の弁護士さんは、どちらかと言うとやはり労働関係の案件に強い弁護士さんだったようで、債務整理案件も数件あったようですが、そんなに頻繁に扱っていないようでした。

更にこの時には、負債総額が年収の半分程度だったこと、車のローンが残っていたりしたことから、任意整理を検討はしたものの、実際には着手には至らず、住宅ローンの返済期間延長や、カードローンをできるだけ低金利の口座に寄せるなどの細かい改善で切り抜けたほうが、総合的に良いだろうという結論になり、着手には至りませんでした。

この結論を出すまでに、年収や負債の状況に関する打ち合わせで1時間✕3回程度行ったのですが、結局、着手せずということになりましたので、この弁護士さんには料金は発生しませんでした。

今回の場合

今回に関しては、前回相談した弁護士さんも考えたのですが、もっと債務処理案件の扱いが多い人のほうが良いだろうと思いました。そこで、高校生時代の友人に司法書士をやっている人がいるので相談してみました。ネット情報で、司法書士も債務整理の取扱ができると聞いていたので、ひょっとしたら彼自身が受けてくれるのではないかと思ったからです。しかし、返事では、債務整理分野で経験の多い弁護士の知り合いが居るので、紹介するという話でした。更に、現状を見ると、できるだけ早く法的処理に移行したほうが良いので、早めに相談に行ってくださいというメッセージも付いていました。

早速、紹介された弁護士に連絡したところ、既に友達から連絡が入っており、直ぐに具体的な相談に入ることが出来ました。

実際に債務整理に着手しようと決めるまでの相談はやはりこの時も3回ほど。初回は大体の債務状況や収入状況の確認、2回めにより具体的な債務状況の確認(1回目に追加で色々な書類の準備をお願いされます)、3回目は財産状況の確認などを行いました。この時もここまでの相談については、特に相談料は請求されていません。最終的に着手しないときに請求されたのかもしれませんが、この弁護士さんには最終的に依頼を行いましたので、よく分かりません。

3回目の相談の際に、今後の料金の事を説明され、委任契約書を渡されました。

この弁護士さんの欠点は、事前にやっておくべきことやこれからの段取り、必要な期間などについて、聞かないと教えてくれないところでした。

聞いたことには答えてくれるのですが、こちらは生まれて初めてのことなので、ある程度の情報は聞かずとも案内してほしかったとは思います。

どのやり方で債務整理するか

債務整理には、大きく分けて4種類あります

  1. 自己破産
  2. 個人再生
  3. 特定調停
  4. 任意整理

1-3までは、裁判所が介在しますが、4は当事者間での和解となります。

僕が行ったのは2の個人再生です。

どの方法を取るかによって、守れるものと失うものや、債務元金が減るのか減らないのかが異なります。前提として、債務の額の大きさ、収入の額、財産の多寡によって、どの方法を取れば良いかが異なりますので、弁護士と相談しながら、基本的には弁護士さんが推薦する方法を採るのがよろしいかと思います。

僕の場合、5年前には任意整理が推奨だったのが、今年は個人再生が推奨になっていました。これは債務額の状況と財産の状況(主に車)の状況が変わったからです。

これら詳しいことは、今後の記事で書いてゆきたいと思います。基本的に僕がやっているのが個人再生(小規模個人再生)ですので、記載の殆どは小規模個人再生に関する事を書いてゆくことになります。

次回予告

 次回は、債務処理を決断する直前の状況をお話します。