個人再生を行って人生出直し中のサラリーマンのブログ

1600万円の多重債務による借金を個人再生で300万円に減額して返済中のサラリーマンの話です


スポンサードリンク

個人再生には、弁護士さん選びも大事

この記事をシェアする

個人再生の返済もあと2回となり、ゴールが見えてきたところですが、最近別件で裁判所のお世話になっており、弁護士さんの大事さを身にしみて感じているところです。

実は、弁護士さんを使ったのは個人再生に関わる民事が最初なのですが、その後、刑事、家裁と、簡易裁判ではありますが、訴訟コンプリート状態となっています。こんな状態になると、身近に相談できる弁護士さんがいて、つくづく良かったなと思います。

 

個人再生で弁護士さんに相談に行った時の話 

www.kojin-saisei.work

個人再生をしようと思って、弁護士さんに相談しに行った時の顛末はこちらに書きました。あえて淡々と書いてありますが、実はこの時の3年前に別の弁護士さんに相談に行った事があります。

弁護士さんは一番良い解決方法を検討してくれる

その時は負債総額が700万円ぐらいだったことと、まだ車のローンが残っていたことから、個人再生は推奨されず、任意整理を提案されました。個人再生は公的な解決方法であるため、債務の減額幅が大きい代わりに、官報に載ったり、自宅以外の不動産や車などの財産を持つことができない為、ダメージのほうが大きいという判断をした上での提案でした。

更に、その時は、毎月の借金返済がギリギリ出来ていたので、任意整理であっても事故情報が登録される事から、「もう少し様子を見ましょう」という事になり、その弁護士さんは受任しませんでした。ここまで来るのに3回ぐらい相談に行っていますが、その費用は請求されませんでした。弁護士さん的には受任したほうが収入になるのに、そういったところは基本的に依頼者に対して最善の方法を考えてくれるのだなと思います。

法人の方はコンサルを兼ねて相談したら良いかもしれません 

hasan.jp

こちらの法律事務所、専門は法人破産・民事再生のようです。法人の方であれば、顧問弁護士をつけている人も多いと思いますが、まだの方はいざという時に頼りになる、このような法律事務所と仲良くなっておくと良いと思います。

一般の個人再生も費用安めです

hasan.jp

個人再生をメインに書いている本ブログが、法人再生をメインとするベンチャーサポート法律事務所を紹介しているかというと、個人再生に関わる手続費用も安めなのです。僕の場合、知り合いの司法書士を通じて紹介してもらった弁護士さんを使ったので、お友達割引が使えたのですが、それでも住宅ローン条項ありで50万円でした。ところが、ベンチャーサポート法律事務所では、住宅ローン条項無しで34万円、住宅ローン条項ありで44万円となっており、相場より安い料金が公表されています。

任意整理の1社4万円+減額報酬10%も相場より安めです。

法人破産を検討している方

hasan.jp

法人破産を検討している方は上記リンクを参考にしてください。

法人破産プロセスは僕は経験していませんが、費用として、弁護士に支払う費用と、裁判所に支払う費用に分かれることは一緒です。また、ここにも書かれているように、弁護士を使わずに自力で申請を行うことは可能ですが、弁護士さんは裁判所から指摘された項目について、弁済費用を増やすことなく対応するノウハウがありますので、最終的に弁護士費用を差し引いてもプラスになることがあります。

早めに弁護士さんに相談に行くのが吉

いくら優秀な弁護士さんでも、民事再生の弁済費用も出せない、弁護士費用も出せないという状況まで陥ってしまうと万事休すです。早めに弁護士に相談することができれば、民事再生にするか、任意整理にするか、よりよい方法を提示することが出来ますので、よりダメージの少ない解決方法を取ることが出来ます。

弁護士さんに最初に声をかける時はなかなか勇気がいるので、どうしても後回しになってしまい、実際に相談に行ったときには手遅れになってしまうこともありますので、普段からあまり深刻でない案件で弁護士さんと懇意になり、いざ何かあった時にすぐに相談に行ける状態にしておくことが良いと思います。

その他の記事 

www.kojin-saisei.work

www.kojin-saisei.work

www.kojin-saisei.work